[2017 開催報告]

ふくしまのたからばこ キッズお仕事体験 2017 開催報告

『ふくしまのたからばキッズお仕事体験2017』無事に開催終了致しました!
貴重なお時間を頂きご来場くださいました皆様、関わって下さいましたあらゆる皆様、ご支援応援下さいました皆様、本当に有難うございました。

7月1週目に開催ということで、まずは今年の梅雨間の非常に不安定な天気にどきどきしておりました。結果は梅雨の合間の晴天。天気含め、あらゆることが奇跡的に、こうなったらいいな、という願い通りになり、安全に無事に、開催できて心底ホッとしています。

本当にたくさんの方がイベントの様子をブログやSNSで素敵にアップして下さいましたので、開催報告として述べることも多くはないのですが、ひとこと申し上げさせてください。

そもそも東日本大震災がなければ、おそらく実行委員メンバーが福島で企画しなかったであろうお仕事体験のイベント。

今年は復興支援とかチャリティという言葉は意図的に使いませんでした。ういう言葉を使ったほうがわかりやすい、ご支援頂ける場合もあることは承知の上で、
「福島発の日本一のお仕事体験を目指す!!」
子供たちも大人も県内外の方々みんなが面白い!と思える妥協しない企画作りをしたかったのです。

お仕事体験としては他に負けないコンテンツを集めようと、キッザニアやKanduといった職業体験施設の仕組み、他自治体のイベントを徹底的に調べ上げると同時に、福島の事業者の方々や農業、伝統工芸などについてもたくさん学ばせて頂きました。

様々な生き方、働き方があることを知ってほしくて、個人事業から大企業まで、創業準備段階の方から、若手ベンチャー、伝統的な企業までお声がけさせていただきました。

農業からITまで実に幅広い業界の事業者様にご出展頂けたことは、出展者様への感謝とともに、実行委員メンバーの並々ならぬ営業努力の賜物です。

子供たちを子供扱いしすぎずに、彼らの可能性を信じて、リアル経済に巻き込みたいという想いから、商売の勉強会付きキッズマルシェ実現できました。おかげさまで子供たちだけのマルシェ、想像以上に売り上げていたようです。

また、県内だけでなく、遠く大阪や東京からもご協賛ご参加下さったり、ご支援頂いた皆様、本当に有難うございました。
このイベントがきっかけで初ご来福の方もいて本当に嬉しかったです。

運営面で、たくさんの学生ボランティア、社会人プロボノボランティアの皆さんに多大なるご支援を頂き、ご活躍頂けたことも成功の秘訣でした。

今回準備段階から含めイベント運営において、様々な課題や改善点、ご意見が多々ありますことは重々承知の上ですが、すっごい熱量を感じました!チーム福島!LOVE福島!

朝から一日中、たくさんの子供たちが楽しんでる姿、笑顔を見れて、本当に良かった!
そして、新たな出逢い、気づき、パワー、学び、感情、たからものを見つけた、たくさんの大人たちがいて、本当に本当に良かった!
子供たちの笑顔もプライスレスだけど、大人たちのハートに火をつけられたら、それこそ子供たちの育つ環境にとって最高なことです。

たからものはそばにある。
箱物に頼るのではなく、地域にある資源やネットワークを最大限に活用して子供たちにリアルな体験をしてもらえる”場”作り。遠くの憧れの大人より、近くの気軽に話せるロールモデル。子供たちが育つ環境自体がそうなったら実に最高で、全国に言えることですが、まずは福島こそそうだったらいいなと思います。

最後に、実行委員メンバーのみなさん、本業も家事・育児もあるなかで、時に笑い、時に泣きじゃくりながらただ想いを1つにして、準備にかけぬけました。みなさんで本当に良かったです。誰一人欠けたら成し遂げられなかったです。本当に有難うございました。

感謝を込めて。
2017年7月
本当にありがとうございました。
ふくしまのたからばこ実行委員 一同

【ふくしまのたからばこ キッズお仕事体験 2017 開催実績】
開催日時: 2017・7・2 (日) 10:00~16:00
開催場所: ウィル福島
来場者数:500組(保護者含め約1500名)
※県内外から3000人を超える入場申し込みが殺到
出展事業者・企業45社
掲載メディア:福島民友新聞社、読売新聞、シティ情報ふくしま等

【ふくしまのたからばこ キッズお仕事体験 2017 お仕事体験編】

【ふくしまのたからばこ キッズお仕事体験 2017 ウエディングプランナー体験】

【ふくしまのたからばこ キッズお仕事体験 2017 キッズマルシェ】

【ふくしまのたからばこ キッズお仕事体験 2017 ステージ】

【掲載記事】